機械工具/庭師の道具箱/造園業の職人が使う機械や工具を価格比較・紹介しています

庭師の道具箱/造園業の職人が使う機械や工具を価格比較・紹介しています

トップページ
はじめに
ネット購入のすすめ
楽天・Amazon比較
カードのすすめ


剪定用工具
木鋏
剪定鋏
芽切り鋏
刈り込み鋏
高枝剪定鋏
剪定鋸
枝打ち鎌
梯子
脚立

清掃用具
竹箒(たけぼうき)
手箒(てぼうき)
熊手(くまで)
手熊手(てくまで)
手箕(てみ)
フゴ シート

機械類①
チェーンソー
ヘッジトリマー
草刈り機
芝刈り機
ブロアー

機械類②
破砕機
噴霧器・動噴
電動工具
発電機
その他

植栽・土工・地ならし
・スコップ
・エンピ
・鶴嘴
・鋤簾
・レーキ
・たこ
・地鏝
・笄板


竹垣・支柱等
・鋸
・竹挽鋸
・ペンチ
・金槌
・玄能
・バール
・錐
・繰り針
・鑿
・竹割り
・鉈
・掛矢
・木槌
・突き棒
・水平器
・墨壷
・すみさし


石材工事用
・こやすけ
・石頭
・鏨
・ハンマー
・びしゃん
・かなじめ
・木梃子
・金梃子

運搬用具
・台車
・一輪車
・ころ
・そり
・ワイヤーロープ
・スリング
・滑車
・チェーンブロック
・三又
・チルホール
・神楽桟
・キリンジャッキ

仕上げ用
・目地鏝
・鏝

園芸用工具
・移植鏝
・ガーデンフォーク
・草掻き
・鋤
・鍬
・鎌
・篩
・如雨露











    京都で修行中お世話になった竹材店です。売ってる物も道具も間違いありません。


 
管理:(株)大平造園土木
茨城県笠間市

(株)大平造園土木

フェイスブック




 

機械道具②

・破砕機・ガーデンシュレッダー/庭師の道具箱/造園業の職人が使う機械や工具を価格比較・紹介

 ガーデンシュレッダーは一般の職人さんには関係ないですよね・・・一応今回は造園連のホームページを参考に構成していますのでお付き合いください。ガーデンシュレッダーは、はっきり言って100万円以上クラスを買わないと意味がないと思います。100万円クラスで処理能力が一時間約2㎥位です。大体コンパネ立てて満載に積んだ軽トラ一台分位ではではないでしょうか。一日8時間で16㎥位なので2tダンプコンパネ満載を4台分位ですね。チェンソー使いながらの人件費1人分や破砕機の燃料代、破砕機の原価処理に機械損料(チッパーの刃やスクリーンって結構高いんですよ)これを考えていくと処理費に5万円はかかるのでは?16㎥で約6tぐらいですかね。茨城県の処理費だと処理場に持って行って大体6万円位なので100万円以上の機械だとやっと採算合うくらいですかね。2人で作業したら赤字です・・・まあ机の上での計算なので何とも言えませんがなかなか難しいですよね。また破砕したチップの処理も結構大変ですし。買うなら最低でも100万円以上のかな・・・っと思っています。




・噴霧器・動力噴霧器/庭師の道具箱/造園業の職人が使う機械や工具を価格比較・紹介

 噴霧器は電池式からエンジン式まで幅広くありますよね。電池式の3000円位の物も個人邸の除草剤散布くらいなら十分仕事します。洗う手間や騒音など考えると結構使えるやつなんです。
 背負式の手動式でもノズルを変えれば高さ6m位までいきます。個人邸なら十分だと思います。また結構いい仕事するのが電気モーター式のタイプです100vコンセント式で個人邸では十分です。高さも6mは出ますしホースが細いので取り回しが楽でコンパクトに収納できます。薬液の節約にもなりますしね。
 公園管理をする会社でも20万クラスがあれば十分間に合うとお思いますがホースの自動収納ぐらい欲しくなりますかね。
 100万超えるラジコン式動墳は絶対オススメできません。まずクレーンがないと積み下ろしができない。ラジコンが壊れる。バッテリーが上がると始動困難。と良いとこ無しです。液量が半端なく出ますのでムダも多い。レンタルで十分です。強いてメリットを挙げるとすれば20m級の樹木散布も出来ることと芝生の散布には活躍しますかね。あとは大きすぎて邪魔なだけです。と個人的な感想です。


 
 
蓄圧式ハイパー 5000

蓄圧式ハイパー 5000
価格:2,037円(税込、送料別)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 






・電動工具・電気工具/庭師の道具箱/造園業の職人が使う機械や工具を価格比較・紹介

電動工具はあまり詳しくありませんので参考までにリンクしておきます。マキタでは最近36vのバッテリーまで出ているので、いろんな機種で使い回しが出来るようです。こちらをご覧下さい。素晴らしいですね電力100v・動力25cc並みの馬力が出るそうです。まだ買うのは怖いかな。



・発電機/庭師の道具箱/造園業の職人が使う機械や工具を価格比較・紹介

 発電機の選ぶポイントは発電量でしょう。現場で使う電動工具の消費電力(w)数を確認の上、発電機の購入をご検討下さい。右に掲載した表は消費電力目安です。一般家庭で30A契約でしたら、単純計算で約3000w使用できることになります。50Aで5000wです
 もし、あなたが冬に個人の現場行ったとき、お客様の契約電力が30Aだとして(最近の新築一軒家は50Aぐらいが当たり前と聞いていますが私が現在住んでいる借家は30Aです。涙)お客様がエアコンとこたつを使用していたら、それだけで2000Wは超えているでしょう。その他にも冷蔵庫や加湿器など使用しているかもしれません。
 その状態で電動工具を使用したら間違いなくブレーカーは落ちてしまいお客様にご迷惑をかけてしまいます。また、電動工具を使えず仕事にならない事が起きてしまいます。そのような事にならない様、工事の時は私の会社ではできる限り発電機を持参しています。
 
 では、どの程度のものが必要なのでしょうか。私の会社では定格出力2.2kVAと2.8KVAの2台あります。2.2KVA=2200wです。だいたいハンドグラインダー600wとハンマードリル1400wを同時使用ぐらいです。もう一台は使えませんし、コードの長さによってはロスもあるので定格まで使えませんので電動工具そのものの力も発揮できません。石張りの仕事になるとモルタルミキサー800wを使いながら二人でグラインダー600wで加工する事がありますので余裕を持って2.8kVAを使用しています。このように必要な電力量を検討していただきたいと思います。
 
話はそれますが大震災の時私が住んでいる地域では震度6強がおこり3日電気がストップしましたが、発電機のおかげでかなり助かりました。近所の親戚の井戸のポンプを回して水を確保できましたし、インバーター機能付きなので精密機械も使えました。震災を考えると一台は欲しいですね。ただしガソリンの供給がストップすると発電機も役に立ちません。
 最近ではトラクターの動力を使った発電機が出ているそうです。数百万するらしです・・・あとプロパンガスで発電できる発電機もあるそうです。プロパンガスはあの震災でも手に入れられましたから、購入を検討してみましたが値段の割には発電量が少ないので迷っています。万が一の非常用には高すぎるし、現場使用にはコストが高いかな・・・。ただしガスなので故障は少ないらしいです。軽油の発電機は大型の物しかないし、ガソリンスタンドも軽油は余っていても震災復興の為のトラックを優先(当たり前ですが)する為と一番はガソリンと勘違いされて並ばれたくないとの理由で販売を自粛している状態でしたので・・・

いろいろ考えても会社に一台は欲しいですよね。定格出力2kVA(2000w)以上のインバーター付きでオートアイドリング付き(省エネ)タイプが一番お勧めです。あとは予算を決めて検索してみるのもいいかもしれませんね。

・その他/庭師の道具箱/造園業の職人が使う機械や工具を価格比較・紹介